野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスの平野謙監督(64)が今季限りで退任することが22日分かった。高崎市のホワイトイン高崎で開かれたファン感謝デーで明らかにした。

◎年齢面で球団側要請 「40歳前後の指導者を」
 平野監督は2016年から4季チームを率い、16年、18年の2度、独立リーグ日本一を達成した。今季は東地区前期優勝、後期3位で地区チャンピオンシップ(CS)に進出したが、栃木に2連敗した。

 球団からの退任要請を受け入れた平野監督は「あと1年、若手を中心に優勝を目指すチームづくりをしてみたかった。...    
<記事全文を読む>