プロ野球巨人が21日、横浜市の横浜スタジアムで行われたDeNA戦に延長十回、3―2で勝ち、5年ぶり37度目のセ・リーグ優勝を決めた。徳島市出身の増田大輝内野手がセンター前へ決勝打を放った。1リーグ時代の9度を含め通算46度目の栄冠。平成に続き、令和でも元年の優勝チームとなった。

 今季から3度目、通算13年目の指揮を任された原辰徳監督(61)が8度目のリーグ制覇に導いた。

 日本シリーズ進出を争うクライマックスシリーズ(CS)には10月9日に始まるファイナルステージから出場。7年ぶり23度目の日本一を目指す。

まさか僕が・・・。すごい宝物 増田大 <記事全文を読む>