BCリーグの信濃グランセローズは17日、柳沢裕一監督(48)と南渕時高野手総合コーチ(53)、福地元春選手兼投手コーチ(29)の来季続投を発表した。柳沢監督と福地選手兼投手コーチは2季目、南渕野手総合コーチは4季目となる。

 1年契約となる柳沢監督は同日の取材に、「今は(22日に始まる)リーグチャンピオンシップのことで頭がいっぱいだが、来季も皆さんに喜んでもらえるよう精いっぱいやりたい」と話した。

 信濃は今季、球団初の前期優勝と前後期優勝を果たし、2年ぶり2度目の西地区優勝を飾った。球団は、3氏の実績や選手への育成手腕を評価し、契約を更新した。

...    
<記事全文を読む>