日本ハムは17日、實松一成2軍育成コーチ兼捕手(38)=佐賀学園高出身=が今季限りで現役を引退すると発表した。

 實松は佐賀市諸富町出身。強肩強打の捕手で、佐賀学園高では1年秋からレギュラーをつかんだ。3年時の1998年には夏の甲子園に出場し、2勝を挙げてベスト16入りした。高校日本選抜メンバーにも選ばれ、同学年の横浜高・松坂大輔投手(現中日)ともバッテリーを組んだ。

 99年にドラフト1位で日本ハムに入団し、2006年にトレードで巨人に移籍。17年オフに自由契約となり、18年から日本ハムで2軍育成コーチ兼任としてプレーしていた。通算成績は516試合に出場して打...    
<記事全文を読む>