◆西武3-9ロッテ(16日・メットライフドーム)

 3日続けてのミラクルは起こせなかった。6点を追う9回。西武は2安打で2死一、二塁のチャンスをつくったが、12球団打点トップの4番中村が右飛に倒れ、本拠地は大きなため息に包まれた。連勝は3で止まったが、ソフトバンクも敗れ、マジックは「8」に減った。

 カモメキラーで必勝を期したが6回に暗転した。先発の本田は試合前まで今季ロッテ戦で4戦4勝、防御率1・67。相性通りに5回までは1失点にしのいだ。1点リードの6回、先頭のマーティンに右前打を浴びて以降、4安打2四球と大きく崩れ、5回1/3、6失点でKO。「調子は悪くなか...    
<記事全文を読む>