【栃木=田中憲一】野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの東地区年間王者を決めるプレーオフ地区チャンピオンシップ(CS、2戦先勝方式)の第2戦が15日、栃木県小山市運動公園野球場で行われ、群馬ダイヤモンドペガサスは9―16で敗れて2連敗し、CS敗退で東地区4連覇を逃し、今季の戦いを終えた。東地区優勝の栃木は西地区優勝の信濃とのBCリーグチャンピオンシップ(3戦先勝方式)に進んだ。

 ◆東地区チャンピオンシップ第2戦(15日・栃木2勝、13時、小山市運動公園、1832人)
群馬ダイヤモンドペガサス(前期優勝)
000 241 002―9<...    
<記事全文を読む>