プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの西地区で前後期優勝した信濃グランセローズは14日、中野市営球場で行われた地区チャンピオンシップ(CS)第1戦で、通期勝率2位の石川ミリオンスターズに9―1で勝ち、2年ぶり2度目の地区優勝を飾った。詰め掛けた千人余のファンらが、練習拠点の同球場での優勝を喜んだ。

 前後期を制した信濃は、全3戦の地区CSで2勝のアドバンテージを獲得。1試合を勝つか引き分ければ優勝が決まる中、3本塁打を含む14安打9得点を挙げて石川を圧倒し、初戦で決着をつけた。

 信濃はリーグ優勝を懸け、22、23、28、29、30日(当初日程から変更)に行...    
<記事全文を読む>