日本ハムは14日、首位ソフトバンクに1―3で敗れ、3年ぶりのリーグ優勝の可能性が消滅し、2位西武も勝ったため3位以下が確定した。日本ハムは残り10試合を全勝しても70勝68敗5分けで勝率5割7厘。ソフトバンクが残り11試合を全敗した場合の勝率は5割1分8厘、西武が残り10試合を全敗した場合は5割2分1厘で、日本ハムは両チームを上回れない。

...    
<記事全文を読む>