野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの東地区チャンピオンシップ(CS)の第1戦が14日、グレースイン前橋市民球場で行われ、群馬ダイヤモンドペガサスは2―4で栃木に敗れた。CSは全3戦(2戦先勝)で、群馬は後がなくなった。第2戦は15日午後1時から、栃木県小山市運動公園野球場で行われる。

 ◆東地区チャンピオンシップ第1戦(14日・栃木1勝、17時4分、グレースイン前橋市民、581人)
栃木ゴールデンブレーブス(後期優勝)
000 003 001―4
000 000 002―2
群馬ダイヤモンドペガサス(前期優勝)
<記事全文を読む>