◇西武4-3ロッテ

 西武がサヨナラ勝ちし、ロッテに7連勝した。3-3の延長十回1死一塁からメヒアの中堅への適時二塁打で勝負を決めた。十回を抑えた国場が4年目でプロ初勝利。ロッテは九回に2点差を追い付いた粘りが実らなかった。

◆延長10回 中軸封じ

 西武は2点リードの九回に追いつかれたが、延長十回サヨナラ勝ち。十回のマウンドに立った国場に4年目のプロ初勝利が転がり込んだ。「初勝利よりもチームが勝ったことがうれしい」と汗をぬぐった。

 流れがロッテに傾きかけた場面での登板。前夜、本塁打を喫した中村奨と続く清田を得意のスライダーで遊ゴロに打...    
<記事全文を読む>