9連敗中のオリックスを確実にたたいてクライマックスシリーズ進出争いを優位に進めたいところだったが、東北楽天は投打に精彩を欠いた。
 まずは先発辛島が踏ん張れなかった。中盤に3点を失い試合の主導権を奪われた。
 悔やまれるのは0-1の五回の投球。1死二塁から4番ロメロを申告敬遠し、モヤとの勝負を選んだ。フルカウントから投じた外角低めの直球がわずかに外れ、満塁。2死までこぎつけたが、宗に2点打を打たれてマウンドを降りた。
 左腕は「モヤへの四球が痛かった。全体的に厳しいコースを狙い過ぎて、四球が多くなってしまった。最後は粘り切れなかった」と反省の弁を口にした。...    
<記事全文を読む>