◇西武6-1ロッテ

 西武が首位にゲーム差なしに迫った。一回に中村の適時二塁打で先制し、三回に森、外崎の適時打などで3点、六回に秋山の20号2ランで加点。松本航は自己最長の7回を2安打無失点で7勝目。ロッテの連勝は3で止まった。

 ◇ 

 勝ち続けるしかない西武にあって、主将秋山の存在は頼もしい。一回と三回は先頭打者として安打で出塁し、得点のお膳立て。一転、六回は豪快な2ランを右翼席に運び、勝利を引き寄せた。「ここからは目の前の試合が大事と言い続けるだけ。今日はいい試合ができた」とうなずいた。

 前夜...    
<記事全文を読む>