東北楽天の残り試合は11。2年ぶりのクライマックスシリーズ出場を懸けた負けられない戦いは続く。データから分かったチームの伸びしろは機動力。1点をもぎ取る姿勢は来季への課題にもなりそうだ。
 「少ないですね」。平石監督は苦々しく語った。今季のチーム盗塁数41は、リーグ最少=表1=。同じく最も少なかった昨季の69を下回りそうな状況だ。
 今季は田中がけがで離脱したり、オコエが不振で2軍で調整したりと「いだてん」の不在が響いた。加えて、指揮官は「ベンチからは盗塁をできたらしてもいいというサインを出しているが、選手自身がヒデ(浅村)、JB(ブラッシュ)の前にアウトになっては...    
<記事全文を読む>