◆西武4―1ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 昨季は開幕から一度も譲らなかった首位に、今季は130試合目で初めて躍り出た。満面の笑みでナインを迎えた辻監督は「今日勝てたことがうれしい。首位といっても首位じゃない。(ソフトバンクより)負け数もある。まだまだだと思います」と口にした。

 3番森が奪首の扉を開いた。3回2死満塁で高橋礼の初球シンカーを右翼線へ運ぶ走者一掃の二塁打。「低めをうまく打てた。大事な一戦で大きなチャンス。気合が入った」。直前には源田が一ゴロ。「1死満塁で打てなかった源さん(源田)のせいや、と割り切って入った」と笑った。

...    
<記事全文を読む>