野球独立リーグ・ルートインBCリーグの東地区王者を決める地区チャンピオンシップ(CS、2勝先勝方式)が14日、幕を開ける。後期優勝を果たした栃木ゴールデンブレーブス(GB)は前期優勝の群馬とリーグCS進出を懸けて激突。群馬は後期3位に終わったものの、昨季は2度目の独立リーグ日本一に輝いた強豪。栃木GBはロースコアの接戦に持ち込んで勝機を見いだしたい。

 群馬との後期の対戦成績は2勝2分け3敗とほぼ互角。栃木GBが5点以上失点した場合は2分け2敗と分が悪いのに対し、4点以下に抑えれば2勝1敗。11球団で唯一、チーム打率3割台を誇る群馬打線を得意の継投で抑えられるかが勝敗のポイ...    
<記事全文を読む>