ブラジル北部、アマゾン川流域の都市マナウスの少年野球チーム「マナウスカントリークラブ」の一行11人が4~6日、出水市と阿久根市を訪れた。出水市出身の宮田瑠星監督(25)が資金集めなどに奔走し、来日が実現した。球児たちは「日本からたくさんの支援を受けた」と感謝する。

...    
<記事全文を読む>