チームトップの10勝を挙げている高橋光成投手(22)のレギュラーシーズン中の復帰は絶望となった。7日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)の試合中に右肘の違和感を訴え、8日に出場選手登録を抹消された。9日に都内の病院で検査を受け、内側靱帯(じんたい)の炎症と診断されたという。荷物整理のため10日にメットライフドームを訪れた高橋光は「重傷ではなかった。早く戻れるようにしたい」と話した。小野投手コーチは「1週間程度のノースローから復帰まで早くて1カ月はかかる」と説明。ポストシーズン(PS)での復帰を目指すことになりそうだ。

...    
<記事全文を読む>