パ・リーグはソフトバンク、西武が抜け出し、東北楽天の現実的な目標はロッテとの3位争いだろう。
 浮上の鍵を握るのは則本昂、岸だ。この二枚看板が投げたら最低でも一つは勝てるはずなのに、現状はそうなっていない。
 則本昂は得意のスライダーが高くて甘くなっている。直球は150キロを計測しているものの、切れがなく打者に見極められている。岸もブレーキの利いたカーブ、チェンジアップは健在だが、直球に本来の切れがなく高めで空振りを奪えない。
 2人は変化球を生かすも殺すも真っすぐだということが分かっている。だからこそ「力を入れないといけない」「切れのある球を投げないとい...    
<記事全文を読む>