11時間ほどにわたって住民らがソフトボールを楽しむ「ロングランソフトボール大会」が8日、岐阜市切通の長森南中学校で開かれた。厳しい残暑の中、小学生から80代までの参加者約250人が計四十八回におよぶ熱戦を展開した。

 長森南スポーツクラブが毎年開き、16回目。小中学生や高齢者、地元の小中学校のPTA会員、消防団員らが赤と白のチームに分かれて対戦した。午前9時から午後8時まで各1~2時間の試合を行い、合計点を競った。

 この日の市内は気温が35度近くまで上昇する暑さに見舞われた。参加者たちは途中で給水時間を設けるなどしてイニングを重ねていった。試合は56-44で赤...    
<記事全文を読む>