瀬戸市本郷町の瀬戸北総合高で九日、十~十二日に校内で開かれる学校祭を前に、生徒たちが手掛けた恒例の巨大モザイク画がお目見えした。

 学芸委員会が全校生徒に呼び掛けて七月から制作。今年は「継続」をテーマに、県出身で三月に現役引退した元プロ野球選手のイチローさんをデザイン。縦十二メートル、横九メートルのサイズで、打席に入ったイチローさんのおなじみのポーズが描かれている。

 デザインを考案した学芸委員長の幸村風音さん(18)は「テスト期間と重なった時もあって大変だったけど、割といい感じ」と笑顔。「テーマの『継続』には、小さなことから続けて大きな目標につなげることができ...    
<記事全文を読む>