ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは7日、長岡市悠久山球場で栃木と対戦し、11-1で勝利。3連勝で通算成績を21勝11敗3分けとし、後期の地区順位2位が決まった。

 新潟は15安打1失点と、投打で後期王者の栃木を圧倒した。

 新潟は四回、無死満塁で併殺の間に先制。さらに2死三塁から阿部の適時打を皮切りに6連打を浴びせ、6点を加えた。七回には樋口がダメ押しの2ランを放った。

 先発長谷川は6回被安打5、無失点で今季11勝目を挙げた。3回を3投手が継投し1失点に抑えた。

 新潟の次戦は8日午後...    
<記事全文を読む>