◆楽天5―3西武(7日・楽天生命パーク宮城)

 粘り腰も及ばなかった。3点を追う9回。西武打線が楽天の守護神松井を追い詰めた。安打と2四球で2死満塁から源田に左前適時打が飛び出し、2点差となって打率リーグトップの森へ。だが高めの真っすぐで空振り三振に倒れた。辻監督は「いいところまでいっても負けは負け」と潔く敗戦を受け止めた。

 勝ち頭の高橋光が1点リードの4回につかまった。1死一、二塁、茂木を一ゴロに打ち取り、ベースカバーに入ったが、一塁山川との呼吸が合わず、内野安打で満塁。続く太田にストレートの押し出し四球を与えて同点とされた。「抑えないといけないという気持ちが...    
<記事全文を読む>