先発九里が阪神の追い上げを振り切り、7回3失点で8勝目をつかんだ。6―0の六回に2死から三好の適時失策などで3点差に迫られ、七回は1死二塁を切り抜けた。「四球を出しても、一つずつアウトを奪っていこう」とリードを守った。

...    
<記事全文を読む>