第45回社会人野球日本選手権(10月21日から11月5日の15日間・京セラドーム大阪)の東海地区予選が7日から9日間にわたり、岡崎市民で行われる。2年連続19度目の出場を目指す西濃運輸は、開幕日の第1試合(午前10時開始予定)、昨年日本選手権覇者の三菱重工名古屋(名古屋市)と初戦で対戦する。昨年はベーブルース杯優勝で出場権を得たため、予選は2年ぶりの出場。

 今年の都市対抗東海予選では、一度も勝つことができずに6年ぶりに敗退した。「甘さがあった」と主将の大山仁也が指摘すれば、阪本一成監督も「緊張やプレッシャーに負けた」と振り返る。

 チームは秋に向けて、走り込み...    
<記事全文を読む>