リーグ参入3年目でついに、この瞬間が訪れた。野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)が5日の茨城戦で勝利し、球団史上初の半期優勝を決めた。球場で応援に声を枯らしたファンや本拠地である小山市の市民からは祝福の声が上がった。

 茨城県美浦村の「光と風の丘公園野球場」に駆け付けた栃木GBファンは40人超。私設応援団が作成した「金色の勇者は金色の王者へ」の横断幕をバックにラッパや太鼓で熱のこもった応援を繰り広げ、一挙5点を追加した四回は「県民の歌」が何度も響き渡った。副応援団長の小山市城東7丁目、会社員丹羽拓人(にわたくと)さん(26)は「初優勝の重圧...    
<記事全文を読む>