ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは5日、福島県の牡丹台野球場で福島と対戦し、5-1で勝利。通算成績を20勝11敗3分けとし、順位は2位。茨城に勝利した栃木がBCリーグ参入3年目で初の後期優勝を決め、新潟は4年連続でプレーオフ進出を逃した。

 新潟は打線がつながり、福島との打ち合いを制した。

 打線は三回、無死一、二塁から樋口の適時二塁打で2点を先制。3-1の八回にはピメンテルのソロ本塁打と内藤の犠飛で加点した。

 先発前川は10安打を浴びたが5回1失点。4回を4投手が継投し、無失点に抑えた。

 新潟の次戦は7日午後1時から、長...    
<記事全文を読む>