東北楽天の辰己が二回、直球を捉え中越えソロを放った。2試合連続の一発に「力任せではなく、相手投手の力を利用してうまく打てた」と納得の表情だった。
 7、8月の月間打率はいずれも1割台と打撃不振に陥っていた。周囲のアドバイスを受けながら体のバランスを修正し、本塁打を含む3安打した前日の試合に続いて快音を響かせた。
 ただ四回の1死二、三塁ではフルカウントからボール球の変化球に空振り三振。「(ボールと)分かっていたのにハーフスイングをしてしまった。もったいなかった。大いに反省したい」と話した。

...    
<記事全文を読む>