◆オリックス2-10西武(4日・ほっともっとフィールド神戸)

 神戸の夜空に“アーチスト”らしい美しい放物線を描いた打球は、バックスクリーンに飛び込んだ。「来ました、満塁!」と試合後、驚嘆の声を上げたのは辻監督だ。4番中村の勝利を決定づける27号満塁弾が飛び出したのは8回1死。ソフトバンクの優勝マジック点灯をまた阻止した。

 

 

 「フォークが浮いてきたんで、じゃ、最後は真っすぐかなと。最後に一番、甘い球でした」

 中村は3ボール1ストライクから3球連続ファウル。満塁だけにフォークは投げにくいと...    
<記事全文を読む>