野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は4日、福島県須賀川市の牡丹台野球場で福島と対戦し、2-2で引き分けた。これで7試合負けなしとなり、優勝マジックは1に減った。

 栃木GBは四回に主砲ルーカスの内野安打、申勝元(シンスンウォン)の左前打で無死一、二塁とし、原田元気(はらだげんき)の犠打を相手投手が三塁へ悪送球し1点先制。1点を追う八回1死一、二塁の場面では内山翔太(うちやましょうた)が左中間に二塁打を放ち、同点に追い付いた。

 先発の比嘉大智(ひがだいち)は6安打を浴びながら低めを丁寧に突く投球で5回2失点と粘投。六回以降は秋...    
<記事全文を読む>