◇中日8-4巨人

 中日は0-1の二回に大島の2点二塁打などで4点を奪い、逆転した。七回は福田が2戦連発の2ランでダメ押しした。小笠原は5回2/3を2失点で2勝目。自ら2点二塁打も放った。巨人は4連敗。菅野が2回4失点と乱れた。

 ◇ 

 中日の小笠原が投打で存在感を示した。一回1死から坂本勇にソロを浴びたものの、すぐに丸、岡本を連続三振に仕留めて勢いに乗った。六回に1点を失い、さらにピンチを広げたところで降板。援護を受けて六回途中2失点と試合をつくり、「途中で降りたのは課題だけど、最少失点でイニングを重ねられて...    
<記事全文を読む>