東北楽天の渡辺佳が二回、適時打を放ち、チームに貴重な追加点をもたらした。「追加点が欲しい場面で打てて良かった。自分としても久しぶりにきれいなヒットが出てうれしい」と語った。
 先頭ブラッシュの左越えソロで先制したこの回、さらに銀次の中前打などで1死二塁。好機に渡辺佳は、日本ハム先発金子のカーブを、鮮やかに逆方向の左前へはじき返した。
 練習中、横浜高の先輩の日本ハム近藤に打撃面でアドバイスをもらったという。渡辺佳は「内容は言えないけれど、あの打席で実践できた」と振り返る。スタメン出場が増えていることに「求められているのはチャンスでの一打。いい場面で打っていきたい」と...    
<記事全文を読む>