◇ソフトバンク4-1西武

 ソフトバンクが連敗を5で止め、首位を守った。三回に柳田のソロで先制。五回にグラシアルの犠飛、六回に松田宣のソロ、九回はデスパイネの適時打で加点した。武田が6回無失点で5勝目。西武は好機を生かせず5連勝でストップ。

 ◇ 

 10日ぶりの勝利だ。守護神・森が九回を3人で締めると、ソフトバンクベンチに笑みが広がった。首位の座を死守し、工藤監督は「選手たちが(西武に)3連敗だけは阻止する思いで戦ってくれた」と安堵(あんど)した。

 腰痛で戦列を離れていたデスパイネが復帰。刺激を受...    
<記事全文を読む>