春先から三重県内アマチュア野球団体の交流が活発化している。3月に社会人野球のJABA県野球連盟と、東海地区大学野球連盟三重学生野球リーグが共同で県社会人・大学交流戦を初開催。8月にはトーナメント形式の知事杯争奪第1回県社会人・大学野球選手権大会を開き、昨年秋の社会人日本選手権ベスト8のホンダ鈴鹿が初代王者に輝いた。両団体は今後も同大会の開催を予定。大会を通じて互いのレベルアップを図るとともに、協力して野球の普及育成活動にも取り組んで行く考えだ。

知事杯の決勝は都市対抗野球本大会出場経験のある社会人チーム同士の対戦になり、ホンダ鈴鹿が永和商事ウイングを6―1で退...    
<記事全文を読む>