奮闘むなしく、7敗目を喫した。先発した有原は7回1失点の力投を見せたが、打線の援護に恵まれなかった。「最低限の仕事はできたと思うのですが、チームが苦しい中で勝たないといけないというのが一番だった」。チームの連敗を止められなかった責任が、大黒柱の口をついた。

 立ち上がりから3イニング連続で得点圏に走者を背負いながらも点は失わない、粘りの投球を続けていた。だが、五回。先頭の茂木に右翼線二塁打、続く島内には右前打を許し、無死一、三塁。3番・浅村の遊ゴロ併殺打の間に失った1点が決勝点となった。「先に点を取られると流れが悪くなる。先に点を取ってもらうまで我慢して投げられると、勝敗も...    
<記事全文を読む>