日本ハムの吉田輝星投手は31日、埼玉県戸田市で行われたイースタン・リーグのヤクルト戦に先発し、プロ最長の6回2/3を投げ5失点、勝敗は付かなかった。8安打、4三振、1四球で、球数は最多の107球。試合は日本ハムが延長十一回、6―7でサヨナラ負けした。

...    
<記事全文を読む>