岡山県と岡山市は30日、女子バレーボールのドミニカ共和国の代表チームが9月4~12日に同市内で合宿すると発表した。ワールドカップ(14~29日・横浜市など)に向けた最終調整を行う。

 合宿場所は、ジップアリーナ岡山(同市北区いずみ町)と中国学園大しらさぎアリーナ(同庭瀬)。メンバーは未定だが、選手とスタッフの計20人が参加する見通し。昨年9月に同市内で初めて合宿を行い、練習環境や受け入れ態勢を気に入ったという。

 地元との交流事業として、Vリーグ女子・岡山シーガルズとの公開練習試合を10日午後6時からジップアリーナ岡山で行う。観戦無料。

 県や同市が...    
<記事全文を読む>