登別市で強化合宿中のバレーボールVリーグ女子(Division1)のトヨタ車体クインシーズ(愛知県刈谷市)が21日、札内町の日本工学院北海道専門学校体育館で紅白試合を公開し、選手が白熱したプレーを市民に披露した。試合後には記念写真撮影やサインなどにも丁寧に応じ、地域との交流も深めた。

 紅白試合は一般公開され、第一線でプレーする選手の姿を見ようと、市内外から約300人が詰め掛けた。試合は2セット。選手たちは多彩なサーブや強烈なスパイク、ラリーの応酬などハイレベルなプレーで観客の目をくぎ付けにした。

 タオルやサイン色紙、サイン入りユニホームが当たる抽選会も実施。...    
<記事全文を読む>