【亀山】17―20日に和歌山県で開催の全日本中学校バレーボール選手権大会に初出場する三重県の亀山市立亀山中学校女子バレーボール部が14日、市役所に櫻井義之市長を表敬訪問し、大会への意気込みを語った。

同部は、身長170センチ以上の選手を中心にした攻撃型プレーで、試合を重ねるたびに成長。県大会で準優勝、東海大会では3位の成績で、全日本大会への出場枠を勝ち取った。

3年生の片岡宙主将(14)ら部員17人が訪れ、「目標としていた全国大会でプレーできることがうれしい」「全員全力で、悔いのない試合に臨みます」と熱く語った。

櫻井市長は「バレーボールはチームワーク...    
<記事全文を読む>