関東大学ラグビーの「菅平開幕戦」(関東ラグビーフットボール協会主催)は31日、上田市菅平高原のサニアパーク菅平で2日間の日程で始まった。首都圏の強豪大学チームが「ラグビー合宿の聖地」で開幕を飾るのをひと目見ようと、午前中から多くのファンが詰め掛けた。

 前日までのぐずついた空模様から一転、標高1300メートルの高原に青空が広がった。最初の試合となったメイングラウンドの早稲田大―日本体育大戦。芝生の観覧エリアはラグビーファンで徐々に埋まり、体格に恵まれた選手たちの迫力ある攻防に「早稲田頑張れ」「日体、ファイトー」と声援が飛んだ。試合は早稲田が68対10で勝利した。<...    
<記事全文を読む>