東京・日本武道館で30日に開催した世界柔道選手権大会女子70キロ級で3連覇を逃した寄居町出身の新井千鶴選手=三井住友海上。一夜明けた30日、新井選手が卒業した町立男衾中学校柔道部の後輩は「オリンピックで金メダルを取ってほしい」と今後の活躍に期待した。

 武道館で観戦した同部1年生の藤沢孝太さんは「技ありを取られてもまだやるぞという気持ちが新井先輩から伝わってきた」と話す。2年生の興津大翔さんも「大きな声で応援がしてもらえるような選手になりたい」と刺激を受けていた。同じく2年生の福山青(ぶるう)さんも「最後まで技を掛け切る試合がしたい」と新井選手を目標にしている。

<記事全文を読む>