体操の全日本シニア・マスターズ選手権大会が三十日、福井市の県営体育館で開幕した。初日はシニア男女が行われ、スタンドを埋めた観客が国内屈指の選手たちの演技に沸いた。県勢は女子個人総合で鯖江体操スクールの宗万凜(むねまりん)選手(鯖江高)が5位に入った。同団体総合では鯖江体操スクールが2位に入った。

 男子個人総合で五輪二大会連続金メダルの内村航平選手(リンガーハット)や女子の村上茉愛選手(日体ク)のほか、世界選手権の日本代表選手らが出場し、二階の観客席には立ち見の姿も。けがからの復帰戦となり注目を浴びた内村選手の技一つ一つに感嘆の声が漏れた。

 県関係では、種目別...    
<記事全文を読む>