日本スポーツ協会は30日、2022年2月に実施予定の第77回国体冬季スキー競技会を秋田県鹿角市の花輪スキー場で開きたいとして、県や鹿角市に協力を要請した。県庁では、泉正文副会長兼専務理事らが佐竹敬久知事に依頼文を手渡した。花輪スキー場では21年の第76回国体の開催が既に決まっており、22年も開催されれば2年連続6度目。冬季国体が2年続けて同一会場で開かれるのは大会史上初となる。

...    
<記事全文を読む>