日本と米国、台湾、チェコの4チームによるソフトボールのジャパンカップ国際女子大会が30日、群馬県の高崎市ソフトボール場「宇津木スタジアム」で開幕して1次リーグ3試合が行われ、日本はチェコを13―0の四回コールドで下して1勝目を挙げた。今大会で代表復帰のエース上野由岐子は四回表に登板し、1安打3三振の無失点で締めた。大会2日目は31日、日本―米国など1次リーグ3試合を行う。

 ▽1次リーグ 
チェコ 
000 0―0 
670 ×―13 
日 本 
<記事全文を読む>