2020年東京五輪・パラリンピックに向け、前橋市は30日、ベルギーと事前キャンプに関する協定を締結した。来年7月に最長で2週間、自転車競技の選手やスタッフ約20人を受け入れる予定だ。同国オリンピック委員会のオラフ・スパール団長と山本龍市長が市役所で調印した。

 調印式で、スパール団長は「皆さんが温かく迎えてくれて感謝している。とても施設が充実していてうれしい。来年、前橋市に来られるのが楽しみ」とあいさつ。山本市長は「サイクリストの皆さんを受け入れるのはとても名誉なこと。長く交流を続けたい」と歓迎した。

...    
<記事全文を読む>