開幕まで1年を切った東京パラリンピックだが、1964年の東京大会に国立箱根療養所(現・国立病院機構箱根病院=小田原市風祭)から傷痍(しょうい)軍人を含む19人が出場し、大活躍したことは地元でもあまり知られていない。これらの事実をまとめ、来年夏の出版に向けて準備している「戦時下の小田原地方を記録する会」は「日本開催を契機にパラリンピックの歴史と、箱根療養所が果たした役割を知ってほしい」と話している。

 パラリンピックのルーツは、第2次大戦後の英国で脊髄損傷の傷痍軍人専門のストーク・マンデビル病院が48年のロンドン五輪に合わせて院内で開いたアーチェリー大会とされる。<...    
<記事全文を読む>