日本ラグビー協会は29日、アジア初開催で来月開幕するワールドカップ(W杯)日本大会に臨む代表31人を発表し、前回2015年W杯に続き主将を務めるフランカーのリーチ・マイケル(30)=東芝、SH田中史朗(34)=キヤノン、フッカー堀江翔太(33)=パナソニック=がいずれも3大会連続で選出された。

 神戸製鋼からはFB山中、プロップ中島、CTBラファエレ、WTBモエアキオラの4選手が選ばれた。いずれも初のW杯代表となる。

 山中とモエアキオラは神戸製鋼所神戸本社(神戸市中央区)で開かれた会見に出席し、社員ら約200人が見守る中で喜びや意気込みを語った。

...    
<記事全文を読む>