ラグビーワールドカップ(W杯)の日本代表に選ばれたヤマハ発動機のヘル・ウベ選手(29)を献身的に支えているのは、妻のヘル(旧姓杉山)貴子さん(33)=伊東市出身=だ。トンガ出身の夫の成長を見守ってきた姉さん女房は、「自分がやってきたことを信じて、100%以上の力を発揮してほしい」と大舞台へ送り出す。
 貴子さんが都内の会社に務めていた6年ほど前、当時拓殖大の学生だったヘル選手と知り合った。2人の仲が急速に深まったのは2015年。ヤマハ発が日本選手権を戦っていたさなか、負傷離脱していたヘル選手はチームを離れ、磐田市内の病院で足に入れたプレートの除去手術を受けた。付き添いのチーム...    
<記事全文を読む>