日本ラグビー協会は29日、東京都内で記者会見を行い、アジア初開催で9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に臨む日本代表の最終登録メンバー31人を発表した。W杯終了後に本拠地を群馬県太田市から熊谷市に移転するラグビー・トップリーグのパナソニックワイルドナイツから正智深谷高―埼玉工大出のバル・アサエリ愛(30)ら6人が選ばれた。日本代表は、9月6日に熊谷ラグビー場で南アフリカと壮行試合(19時15分)を行い、本番に備える。

 前回の2015年W杯と比べて1人増となったパナソニック所属選手のW杯代表選出回数は、プロップのバルのほか、フッカー坂手淳史(26)、S...    
<記事全文を読む>