2季目を迎えた卓球のTリーグが29日、東京都のアリーナ立川立飛で開幕して男子の1試合が行われ、初代王者の東京が昨季レギュラーシーズン2位の岡山に3-2で競り勝って白星発進した。
 東京は第1試合のダブルスで張本(仙台市出身)丹羽(青森山田高-明大出)組が上田(青森大出)森薗(青森山田高-明大出)組に敗れたが、続くシングルスで水谷(青森山田高-明大出)が吉村に快勝。2-1で迎えた第4試合で張本が森薗に敗れ、1ゲーム先取の第5試合で水谷が上田を下した。
 Tリーグは男女各4チームで、7回戦総当たりのレギュラーシーズンを2月まで開催。男女とも上位2チームがファイナルに進む...    
<記事全文を読む>