2020年東京パラリンピックを来年に控え、県民がパラスポーツに触れるイベント「パラスポーツフェスタちば2019」(実行委など主催)が31日、千葉ポートアリーナ(千葉市中央区問屋町)で開かれる。

 実際に競技を体感してもらい、パラリンピックに対する県民の機運醸成を図るイベント。東京大会で幕張メッセが競技会場となるゴールボール、車いすフェンシング、シッティングバレーボール、テコンドーの4種目のほか、ボッチャや車いすラグビーなど計7種目を体験できる。事前申し込みがあった県内の特別支援学校や大学、企業チームによる対抗戦もある。

 午後零時半から2時半まで、NHKの東京2...    
<記事全文を読む>